施工事例

蛇田地区 S様邸-Japanese Modern-

動線に変化と和の彩を


奥に位置する玄関までの道のりに変化と機能性を持たせるため、間延びさせないように斜めにとったアプローチライン、そこに生まれた手前のスペースに植栽や枕木の配置。

遠近法を巧みに使ったゾーニング計画をしました。

シャープな印象の門壁に、ホームヤードルーフシステムを角度をつけて配置。

閉鎖的にならないように格子スリットに間隔を持たせ、ライティングを前後に忍ばせました。

マッドブラックの門柱がより映え、格子から漏れ出る光が幻想的な空間を生み出し、落ち着きのあるプライベートなエントランスとなりました。

その奥に進むとタイルデッキが広がり、様々なシチュエーションで楽しめる場となっています。

モダンな要素と意図的なゾーニング計画に加え、伊達冠石の趣のある昔ながらの石積み。

和とモダンの融合と色のコントラストでメリハリのあるセミクローズエクステリアデザインとなりました。

   

Warning: file_get_contents(index.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/takamasaexterior/www/wp_db/wp-includes/plugin.php on line 437